プロサイクリングの世界へ大胆不敵な新アプローチ

TUDOR IS GOING PRO!

TUDOR IS GOING PRO! チューダーとスイスのサイクリング界におけるレジェンド、ファビアン・カンチェラーラは、世界の頂点に立つことを視野に、手を取り合い新しいチームを発足する。チューダーが掲げる#BornToDareの哲学は、ブランド創設者であるハンス・ウイルスドルフの時計づくりに対するビジョンそのものであり、どれほど大胆にそのビジョンが実現されてきたのかを物語っている。チューダーの妥協のない姿勢と、革新を積み重ねてつくられたその歴史がカンチェラーラの比類なき経験、そしてビジョンと組み合わさり、TUDORプロサイクリングチームはこの大胆不敵なスタンスを体現することになるのだ。チームの哲学の中核となるのは、身体的および精神的に過酷なチャレンジを課すスポーツとして知られるサイクリングに対する、ヒューマン・セントリック、つまり人間中心なアプローチ。己が恐れるものと対峙し、自他が決めつけた限界を超え、日々上達しようと自分自身を駆り立てる、そしてそれぞれが行動に起こしていく。これこそが、チューダーとカンチェラーラが目指すチームだ。パフォーマンスは成功を示す最終的な物差しだが、どのようにフィニッシュラインに到達したのかは、どれだけ早くそこに到達したのかと同じくらい重要ではないか。カンチェラーラの指導のもとTUDOR プロサイクリングチームは、これら理想や共通する価値観、チームスピリットを身をもって示す優れたサイクリストたちを育成し、著名なライバルらの現在の立ち位置を遥かに超えていくのだ。

It’s time to dare. It’s time to lead. It’s time to win.

TUDORプロサイクリングチームのしなやかなブラックのジャージーの胸元と背中には、チューダーの赤い盾のロゴが控えめに配されている。あくまでもアスリート自身と、彼らの成功への追求、そして彼らの目の前にある道が、この物語の主役なのだ。同様に、チームの装備はチームのメイン・テクニカル・パートナーであるBMCプレミアムバイクを含むスイスのサイクリング関連企業の専門技術の採用を基本とする。このチームが誰のために存在し、チームメンバーが誰のためにライドするかの認識に間違いがあってはならない。

コンチネンタルカテゴリーの初年度での勝利後は、16勝、30回の表彰台という成功を収め、2023年シーズンはプロチームとしての参戦が確定。この新しいステージで、チームの功績が認められ、世界的に知られる権威あるレースに参加することができるようになったのだ。TUDOR プロサイクリングチームは基本的な目的に忠実であるため、TUDOR プロサイクリングチーム U23育成チームを通じ、次世代のサイクリストたちを発掘・育成するためのコンチネンタル体制も取ることにしている。

ABOUT FABIAN CANCELLARA