メニュー
Tudor swiss watch , diving watches, luxury watches
チューダーのアトリエ
時計製造

チューダーのアトリエ

ひとつ一つが唯一無二の時計

チューダー ウォッチは脈を打ち、生きている。あなたを精密で高精度の世界へといざなう。すべての部品に駆使された高度な技術は、これ以上は不可能という微細なレベルで徹底的にテストされている。ムーブメントの検査。耐久性と身に着ける喜びを求められる製品にふさわしいデザインと性能。目を愉しませ、心を躍らせる。この精密メカニズムは時が課す試練に耐えうる。卓越した素材、耐久性と強度に優れたデザイン。一つ一つが、唯一無二の時計である。

手工芸という伝統技術

チューダー ウォッチとはすなわち信頼性の代名詞である。手工芸という伝統的な技術を、細部と完璧さへのこだわりをもって再発見。高品質な素材。厳格な品質管理。ディテールまで気を配った手工芸が時計のひとつ一つに命を吹き込む。長年にわたり培われた技術に裏付けられた、辛抱強さと精度へのこだわり。

求められる完璧さをはるかに超えて

求められる完璧さを
はるかに超えて

時計の部品は、そのどれ一つをとっても称賛に値する。組立てのどの段階も、どの技術ソリューションも、求めるものは、ただ一つ。絶対的な精度を誇る製品に対するお客様の全幅の満足である。デザインから製造の全段階を通し、チューダー ウォッチは完璧を期すために細部まで検査する。ランダムに抽出するのではなく、ひとつ一つすべての時計が厳格な防水性能検査を受ける。常に目にする腕時計が、身に着ける悦びを満たすよう、多くの熟練した専門家たちによって見極められている。

象徴的なダイバーズウォッチ

象徴的なダイバーズウォッチ

チューダー ブラックベイは、1954年発表のブランド初のダイバーズウォッチ、チューダー サブマリーナー Ref.7922から全体のラインとドーム型クリスタルを受け継いでいる。さらにドーム型ダイアルも継承している。大きなリューズは1958年にRef.7924で発表されたモデルに敬意を表したもので、「ビッグ・クラウン」としてコレクターから愛されている。特徴的なスクエア型針は「スノーフレーク」として知られており、1969年から80年代初期のモデルにみられる。

究極の時計

究極の時計

圧巻のツールウォッチ。チューダー ペラゴスは、今日存在する伝統的な機械式ダイバーズウォッチの最も完成度の高いウォッチのひとつと言えるだろう。2色のコンビネーションで展開するべラゴスには、 マニュファクチュール チューダー MT5612ムーブメントが搭載されている。

卓越した時計製造技術を体現

卓越した時計製造技術を体現

チューダー スタイルのダイアルは、時計の顔となる役割を担っており、チューダーはそのデザインに全神経を集中している。深みを出すためにラッカー塗装を施し、艶のあるブラック、サンレイ仕上げのシャンパンカラー、サンレイ仕上げのシルバーカラーの3色で展開している。どの色のダイアルにも、3つのダイヤモンドをセットしたバージョン、あるいは宝石なしのバージョンがある。機能面とデザイン面では現代性が際立つチューダー スタイルだが、1950年代のアワーマーカーから着想を得た、12時と6時の2重のアワーマーカーをはじめとする、20世紀の腕時計の特徴を踏襲している。ダイアルに独特のエレガントな輝きをもたらすため、アワーマーカーの4面を面取りし、立体感を持たせるという非常に高度な加工を施す。生まれながらに現代的であるという特質。基調となっているのは滑らかなラインと視認性の良さであり、1960年代、70年代のチューダー ウォッチを反映した、控えめなミニッツトラックとドーフィン針がそれを表している。現在は針に輝きと明瞭性を与えるために面取りが施されている。

解き放たれた分子

解き放たれた分子

チューダー ファストライダー ブラックシールドのモノブロックケースは、典型的ともいえる。では、何が特別なのだろうか? ハイテクを駆使したセラミックを使用、それをコーティングとして使用するのではなく、ケース全体を単体として製造している。この分野では独特な時計製造方法。ミドルケースとベゼルは卓越した信頼性と耐久性を誇る。複雑な製造工程を経て誕生したこのクロノグラフは、150m(500フィート)までの防水性能を備えている。

Follow Tudor

QRコードをスキャンしてチューダー公式WeChatをフォローする

WeChat ID:Tudor_Official

QRコードをスキャンしてチューダー公式WeChat Videoアカウントをフォローする

WeChat Video Account ID:Tudor帝舵