チューダー ウェブサイト

David Beckham
使命に生きる

幼い頃のデイヴィッド・ベッカムの夢。彼は大きくなったら何になりたいかと尋ねられるたび、「サッカー選手」と答えた。幼い頃の情熱が、サッカー史上屈指の称賛と敬愛を集めた選手へと導いたのである。3つの強豪クラブとイングランド代表チームで115試合に出場、そのうち59試合でキャプテンを務め、イングランドチャンピオンシップ6度、メジャーリーグサッカー2度、スペインリーグで1度、UEFAでも1度優勝という、輝かしい成績を残した。

得点王でもなく、俊足のサッカー選手でもない。だがベッカムには精細にして豪快という、独自のスタイルがある。完璧なパスまわし、天才的なキック、そして寸分の狂いもない正確さ。どれもがフィールドで決定的な役割を果たした。映画『ベッカムに恋して』は彼がサッカーの代名詞であることを物語る。挑戦し続けることで、デイヴィッド・ベッカムは自身の夢を叶えたのだ。

伝統に忠実

デイヴィッド・ベッカムが着用するのはコントラストの際立つサブカウンター付きのスポーツクロノグラフ、スチール製ブラックベイ クロノ。ブラックベイ ブロンズと同様、ブランドの歴史から着想を得て生まれた43㎜のダイバーズウォッチである。また、彼はまさにスポーツシックを象徴するチューダー ロイヤルも愛用。こちらは一体型ブレスレット、ノッチドベゼル、自動巻きムーブメントを備えている。

限界を押し広げる

慈善事業やサッカー。多種多様な活動を重ね、ベッカムは伝説のプレーヤーだけにはとどまらない人物となった。スポーツ選手としてのキャリアを終えた後も常に高い壁に向き合い、自らの野心に基づき活動を重ねた結果、彼はグローバルなファッションアイコンとしての地位を確立したのである。サッカーのピッチをはるかに超え、今やポピュラーカルチャーに影響を及ぼしている。そして彼は世界中に数えきれないほどのファンを持つモデル、俳優であり、そして今やインテル・マイアミCFのオーナーでもあるのだ。

絶え間ない自己改革

デイヴィッド・ベッカムは、サッカー史上屈指の努力家だ。怪我に見舞われた時も別チームに引き抜かれた時も、何一つおろそかにせず、より一層のトレーニングに励んだ。試合には毎回自分を改革して臨んでいたのである。

プロスポーツ選手を引退した後も、彼は人々に刺激を与え続ける。ベッカムの慈善事業活動は、世界中の子供たちの保護と福祉を中心に据えたものだ。ユニセフ親善大使を長年務め、マラリア撲滅にも力を入れているベッカムは、自身のエネルギーと時間をアフリカの子供たちの健康、教育向上に捧げている。

デイヴィッド・ベッカムの愛用モデル

FEATURED SELECTIONS