クロノグラフ:<BR>1971年~1976年
1971年 セカンドシリーズ: 

チューダー オイスターデイト 
「モンテカルロ」tudor watches placeholder

1971年 セカンドシリーズ:
チューダー オイスターデイト
「モンテカルロ」

第2世代のチューダー クロノグラフは1971年に登場し、1977年までカタログに掲載されていた。カジノのルーレット盤を想起させるダイアルから、ファンにチューダー「モンテカルロ」と呼ばれる7100 シリーズのクロノグラフ。塗装を施したアワーマーカーが特徴的なダイアルに宿る精神、ケースは前シリーズのデザインを受け継いでいる。一方でムーブメントはValjouxキャリバー 7734に代わり、このシリーズのチューダー クロノグラフには手巻のValjoux 234を搭載している。この新しいムーブメントは、前シリーズの毎時18,000回の振動数を上回る、毎時21,600回を誇り、クラッチとコラムホイールを備え、より洗練されたクロノグラフ機構を搭載、正確性が向上している。また、ブルーとグレーのダイアルや2種類のブルーのベゼルで新たなカラーコンビネーションも披露している。
この新シリーズは3種類のクロノグラフで構成されている。Ref.7031/0に代わり、500ユニットのタキメーター目盛り入りプレキシガラス製ベゼルを特徴とするRef.7149/0がカタログに登場。また、タキメーター目盛りが刻まれたサテン仕上げのスチール製ベゼルが特徴のRef.7159/0がRef.7032/0に代わって掲載された。一方でRef.7169/0は回転ベゼル付きのプロトタイプ 7033/0を具現化したモデルとして注目を集め、量産された。
7100シリーズ初期は、初代チューダー クロノグラフと同じスチール製ブレスレットを受け継いでいた。後に、オイスタータイプでソリッドリンク付きのブレスレット、Ref.78360へと進化を遂げる。

1971年 チューダー オイスターデイト
「モンテカルロ」7169/0

7000シリーズのプロトタイプをもとに量産されたチューダー オイスターデイト クロノグラフのRef.7169/0は、第2タイムゾーンの時刻を表す12時間の目盛り入り回転ベゼルが特徴。ダイアルは、ここで紹介しているブルーとグレーのほか、ブラックとグレーの配色で展開された。7100シリーズの他のリファレンス同様、7169/0は1971年からカタログに掲載されている。

1971年 チューダー オイスターデイト<BR>「モンテカルロ」7149/0
tudor watches placeholder

1971年 チューダー オイスターデイト
「モンテカルロ」 7149/0

クロノグラフ 7100シリーズの一部のリファレンスでは、2種類のカラーバリエーションを揃えていた。前世代に着想を得たブラックとグレーのダイアルと並ぶ鮮やかなブルーのカウンターとミニッツトラックを配した新しいダイアルは、個性的な魅力を放っている。ここで紹介している1971年製のチューダー オイスターデイト 「モンテカルロ」、Ref.7149/0が良い例だ。カラー展開はリファレンスで識別されていないため、グレーとブルーまたはグレーとブラックのプレキシガラス製タキメーター目盛り入りベゼル搭載のオイスターデイト クロノグラフがRef.7149/0に分類される。

1971年 チューダー オイスターデイト<BR>「モンテカルロ」7159/0